[PR] 中古パソコン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05.12 團菊祭
2016年明けてたね!あは!

さて、いつの間にか5月なのだが、もー、1月から駆け抜けちゃってたいへんだったのよぅ、奥さま!

年明けになんとスキーで肉離れを起こし、そんな中に杖を突きつつサウスアフリカ旅行を強行し、さらに2月にBig Birthday Partyをし、3月4月は仕事もプライベートもモーレツに忙しかった。

そして、5月に入ったらヒマになると思ってたのに、毎日予定が何かしらあってなんだかんだと忙しい。そして一昨日、ふと気付いた。

今月は團菊祭じゃあーりませんか!!!!

しかも和史くんの初お目見得!!!

ぎゃおーす!!行かないと!!!

どこで行かれるかしら、うーんうーん、と唸って捻ったけれど、どう捻っても行かれるのが12日(今日)くらいしかない。

それで松竹のチケットサイトを見てみたら、花道寄りの17列目くらいに1席空きがあった。それが3日前。

でも!でもでもでも!ご贔屓さん用に押さえておいた、もっといい席のリリースが当日にあるはず。うーん、どうしよう。待って売れ切れじゃぁ賭けになっちゃう。

悩んだけど、本日未明までじっと待って、またログインしてみたら。

見事、7列目、真ん中よりも花道寄りをゲーット!!!!いえーい!
(ちなみに一昨日から昨日まで売れ残っていた17列目の1席は売れていた!)

そんなわけで、本日はもろもろを放り出して歌舞伎座へGO!!
http://goo.gl/9uAVeh

さて、今日のお席、目の前に座高の高いオッサンが座っててほんっとに見づらかった(´д`)

しかも、しかもしかも!そのオッサン、ずっと寝てたの!!しかも、ろくすっぽ見てないくせに、上体を右に傾けたり左に傾けたりするんですよ!前の人がさらにでかいのかと思ったらどっこい、背もたれに埋まるような小柄なおばあちゃんで。

(´д`)

お嬢吉三からうばって庚申丸を抜き、右の肩から左の肩まで、つーっと綺麗さっぱり平らにしたくなりましたよ!ばかばかばかぁ!
。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン

歌舞伎座はせっかく新しくしたのに、席の間隔もたいして広くなってないし、傾斜も緩やかで見づらい。値段も前よりずっと高いし、本当に行かなくなったなあ。


さて、松緑の『時今也桔梗旗揚』。なぜ今回この演目にしたのか、なぜこの順序なのか、理解に苦しんだわー。すっかりみんなのすやすやタイムになってしまって。

あとね、松緑の頑張り過ぎ感がね…本当にうざかった。キツイようだけど、うざいが正しい表現だと思う。

踊っても軽やかさ色気がない。以前の様などったんばったん感は鳴りを潜めたけれど、残念ながら海老蔵のがこなれ感が上だと思う。海老蔵より下じゃあ藤間流家元の名が廃るってもんでしょう。間が長いわ、顔が固いわ、たまたまお隣になったおばさまと「うーん。。。」とうなってしまった。おばさまなんて、「寝てても声は耳に入ってきちゃうでしょ、それだけで肩が凝っちゃう」って。キツ―!

思うに、プライドが高すぎるんだと思う。芸に対して真正面で、だからこそ自分がぜったいに正しい、ってなっちゃうんじゃないのかしら。だからキチキチとしてゆるみがない。ふぅわりとした、一瞬の間に色気がにじむんだと思うんだけど、あんなに怖い顔で「一所懸命に演じております!踊っております!」じゃなー。三津五郎さんがご存命なら稽古を付けてもらいたい。流派は違うけど。

あと、舌っ足らずなのは、舌の癒着症を治せば改善すると思うんだよねー。本人に会うことがあったら聞いてみたいもん。「いびきかくでしょ?お酒を飲まないと寝つきが悪いんじゃないの?熟睡感がなかなか得られてないんじゃない?」是非一度、名医の向井先生に診てもらうといいのになあ。改善するヨカーン、激しくします!

あと、海老蔵ね。海老蔵にしたらがんばってたんじゃない?午前の部の松王丸はこれっぽっちも観たいと思わないけど。てか、相変わらず歌舞伎ファンじゃなくて海老蔵ファンがめんどくさかった。拍手し過ぎ。動いただけできゃあきゃあ言い過ぎ。役者がしゃべってる時に矯正を上げて拍手するんじゃないよ!!うっさいわ!!手ぬぐいを無理やり取ろうとして、前の人の顔をひっかいてたよ。マジ怖いわ!ジャングルに帰りなさい!!

『男女道成寺』もよかったけど、あれね、海老蔵ってあの狂言師の装束で白拍子花子の菊ちゃんと並んでると、顔がちんまりして男前じゃないのね。なんかイタチみたいだった。意外だったわー。菊ちゃんの相手には足りなかった!誰かもっといい男いないかしら。むーん。松也とか、隼人あたりが成長したらどうかしらー?玉様の相手を海老蔵がしたみたいに。(それよりはもっといいと思うが)

ま、上記以外は満足。

和史くんはめっちゃ可愛かったー♡近くで見られてよかった!ご挨拶はちょっと愚図った素振りで出来ませんでしたが、手はたくさん振ってました!大物のヨカーン。

みっくんもがんばってたなー。もっと踊ってるところを観たいなー。あと、獅子舞いいなあ!と思ったらまさかの…!だったし、菊ちゃんは相変わらずうっとりするほどきれいだったし、じーじたちも実に幸せそうで、なんかこう、幸せのお裾分けを貰った感じ。

そうそう久し振りの辨松さんのお弁当が美味しかった!お弁当があると楽しさが倍増するね!

時蔵さんファンとしては、午前の部の『十六夜清心』も観たかったけど、今月はもうこれでおしまいっ( •̀∀•́ )✧ 次はいつかなー。(ここの更新もな!w)


スポンサーサイト
2015.12.30 なんと!
2015年も暮れようとしています。

いやぁ、放置し過ぎちゃったね。


なんか突然存在を思い出してね。読みだしたらそれなりに面白くて、「ああ、そうだったなー」とか「ばかだなーw」とか、延々やってしまたわけですよ。

・・・もちろん、現実逃避です。ええ、ええ。

今年もお節を作ってるわけなもんでね。あっはっは。

ふぅ。

キッチンに戻りますわ。きちんと(プ)

また書くかも!

(読んでる人はいないと思うけど)
さて、シカゴで無事入国を済ませたら、次は乗り継ぎ便であーる。アメリカは、乗り継ぎでもいったん自分の荷物を受け取らねばならないそうで、受け取った後、50mくらい離れたところに再度預ける。このときは特に検査はされず、待ち受けている係員に渡すだけ。おそらく、引き取り手のない荷物を作らないためじゃないかと推測。

続いて、ターミナルが変わるとのことで、階上のシャトル電車に乗ってターミナル3へ。
  
飛行機を降りたのはターミナル5で、どうにも殺風景なところだったけど、ターミナル3も似たり寄ったりだった。2時間近く、どうやってつぶすのじゃ!と思ったけど、街に出る余裕もないので、諦めて中へ。そしたら中の方がずっと賑やかなのじゃった。

その時、けっこうお腹が空いていて、ゲート近くにはスタバがあったのだけど、ここでスタバに入ってはいかん!という心の声がしたので、他の店を探したら、スタバのお茶版みたいな店があった。のぞいてみると、小ぶりのおいしそうなサンドイッチがあったので、アメリカに来て最初にドルを使うのはそこに決めた!

お茶のメニューには上からブラックティー、グリーンティー、レッドティー、ホワイトティーとあって、グリーンティー以外はよくわからない。質問すると、ブラックティーはどうやら紅茶のことであった。他のはみなハーブ系でノンカフェインだというので、時差ぼけのため起きていたいあたしはブラックティーにした。

その時、キャッシャーの女の子があたしに何かを聞いたんだけど、2回聞きなおしてもよくわからなかった。最後にゆっくりはっきり言ってくれたらようやくわかったのだけど、ただ単に“Hot or cold?”と聞いていたのだった!!それがなんつーの、ヱゲレス英語になじんで久しいせいか、はたまたその子の歯列矯正器具のせいなのか、「はっ。おこー」てな感じに聞こえちゃったのだ。わかってみれば「なあーんだ」、なんだけどね。   

サンドイッチはトマトとモツェレラとグリーンペストのやつ。すんげぇうめがっだ。

そうそう、それでお茶ができるのを待っているとき、お店を覚えておくために画像に収めようと思って、いちおう声をかけたら、NGだった。「うちは小さな会社なので…」だって。なんだかよくわからないがそういうことだそうだ。あたしが撮ったら世界中に広まるのにね。(うそですが)

さて国内便である。

こんな小さいのにいいの!?って感じの飛行機で、ちょっとドキドキ。

しかも、搭乗口を過ぎ、飛行機の入り口手前に来たら、大き目の手荷物はここで預かるとか言われたのだ。それも通路の途中に棚があってそこに置いていくだけなの。いいのかよー、こんなんでー。慌てて中から貴重品を出したんだけどね。

フライトアテンダントのでっかい黒人のお兄ちゃんが面白かった。すべての電子機器の電源をお切りくださいってアナウンスしたあと、ちょっとしてから「まだ電源を切っていない人がいますねぇ。飛行機が飛べませんよ」とか言うの。笑っちゃった。

他にもまじめな言い回しで、ちょっとユーモアを含んだアナウンスをするから、何度も笑ってしまった。飛行機を降りるとき、残念ながら目を合わすことはなかったのだけど、操縦席のドアが開いていて、キャプテンがこっちを見てたのでにっこりしたら、すんごくうれしそうに笑ってくれた。こういうので旅って楽しくなるよね。

そんな感じで無事にワシントンDCに到着。つづく。
週末にアメリカ在住のイトコの結婚式があるので、それに出席するために、ほぼ20年ぶりにアメリカに赴くこととなった。老親は成田に行くのさえ嫌がるので、総代としてあたしだけ。

家は2010年5月26日の朝8時過ぎに出た。

あたしにしては用意周到に旅の準備をしたつもりだったのだけど、タクシーを呼んで15分後に出る…となった時点で、印刷しておいたホテル予約の紙が見当たらないことに気づいた!!

慌ててパソコンを立ち上げて、プリンターの電源を入れ、予約表を印刷したんだけど、びっくりした。けっこう前に印刷して、パスポートと一緒にしたと思ったのに、どこにやったんだろう?これが旅慣れたシドニーや香港なら気にせずに行くけど、なんせ20年ぶりの、しかも初ワシントンですからね。念には念を入れておかないと。

で、タクシーの運転手さんにうやうやしく迎えられ、家を出て100mくらい行ったところで、指輪を一切していないことに気づいた。そうだ、日焼け止めを塗るのにはずしたんだ!結婚式に出るのに指輪を一個もしないで出るなんて…と思って戻ってもらった。時間はたっぷりあったからよかったけど、まったくうっかりだよ。

その後はまあスムーズ。駅についてから傘を忘れたことに気付いて、ソニプラで折り畳みを買ったくらいかな。成田エクスプレスも順調、チェックインもOK、ラウンジは「混んでる」とサインが出てたけど、窓際のいい席が取れたし、カレーはおいしかったし。

機内食は洋食にしてみたんだけどいまいちだった。ワインを何杯か飲んで、現地時間に合わせて寝る努力をした。

映画は「シャッターアイランド」と「インビクタス」を見た。両方とも面白い。とてもいい出来の映画…ってわけじゃないけど、見て損をしないと思う。

シカゴでの入国審査も、想像していたよりずっと早くてシンプルだった。待ったのは15分くらいかな。でもあたしが並んで5分くらい経って振り返ったら、列が4倍くらいになってて驚いたけど。係官が、ひとり終わるたびにその列に目をやってため息をついてたよ。

若い男性係官には、「何をしに来た」というお決まりのやつから始まって、イトコ結婚式だと言うと「いつ」「イトコの仕事は?」「他に出席する家族は?」「あなたの両親は?」とあれこれ質問された。最後に「どうして英語を話せるのだ」と言うので、長いこと外資系で働いていたと言うと、「どこの会社?」だって。考えてみると、最初に就職したのは以前シカゴにあった、当時シカゴで随一だったコンチネンタル銀行だったので、そのことを言い、「でもあなたは知らないでしょ、もう他と合併しちゃったし、20年くらい前の話よ」と言うと初めて「えっ、なんだって?」と人間的な表情をした。パスポートを返してくれるとき、「よい滞在を」と言ってにっこりしてくれた。ちょっとうれしかった。

つづく
2010.05.19 反省
してます。ホントです。 


いやぁ、頭の隅で放置していることを、いや、し過ぎていることを認識してはいたんだけど、なんかそうなればなるほど遠のいてしまって。ごめんよ、ちょいさむのさろん。

そして今なぜここに書いているかと言うと、すんごい忙しいからなの。なんかもう、過去にないほど毎日予定が入っていて(当社比)忙しくてたいへんなの。

でもそうするとなんだかかえって、ちょっと時間が空くと、今まで手をつけなかったことをやる気になるというこの不思議。今日もあたしの結婚式に来てくれた時に会ってからずっと会ってなかった、小学校からの友達とお昼ご飯を食べてしまった。

なんなんでしょうかねえ。試験直前の夜中に机の上を片付け始めるアレとかなり近い感じがする。


まあアレだ、これからはたまにはここに書くよ。(たぶん)


それから、ここのメールフォームからメッセージをくれた人!!
リンクが壊れてました…orz
いつからか不明です。
なので、メッセージを送ったのに返信がなくてムカついたと思いますが、届いていませんでした。

ずびばぜん。。。

もう一度送ってくださいまし。今はOKになっております。ペコリーノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。